【遠距離恋愛体験談1】寂しいを押しつけた結果・・。

読者さんから寄せられた、
遠距離恋愛体験談を、
紹介します。
【遠距離恋愛体験談1】寂しいを押しつけた結果・・。
投稿者:R・Kさん(女性)

今回は「寂しい気持ち」を彼に、
ぶつけ続けたばかりに、
遠距離恋愛が…というお話です。

スポンサードリンク

私の遠距離体験談「バカだった私」

彼との出会いと遠距離

私と彼氏Tは、
大学のサークルで知り合いました。

学年差は4あって、(翌年卒業予定)
当時新入生の私は、
とても頼りになる男性に、
映りました。

私が大学1年の夏に、
告白されて交際スタート。

もうすぐTは卒業して、
県外に行ってしまう事が、
決定していたけれど、
大好きだからがんばれると、
思っていました。

時は過ぎてTは卒業し、
他県に就職。
飛行機の距離です。

寂しい思いだけを押しつけてしまった・・・

遠距離恋愛体験談
当時はネットで電話や、
LINEという、
時代ではなかったので、
電話代もかかりました。

メールは彼が好きじゃ無かったので、
基本的にメール。

会うのは隔月に一回。
お泊まりでした。

でも寂しくて寂しくて、
「週に1回の電話」の約束を破って、
毎日電話をかけてしまいました。

最初はなんだかんだで、
電話をとってくれたけど、
だんだん無視されてるのか、
でない日も増えました。

肝心の電話も、
楽しい会話どころか、
寂しい、もっと連絡取りたい、
毎日メールしたいと、
愚痴ばかり。。

彼の気持ちなんか、
全く考えていませんでした。

そして彼から、
「俺にも生活がある。
交際と私生活はしっかり分けて、
仕事をがんばって、
お前を迎えに行きたい。

だから今は距離を取ろう。
お前も大学生活を、
有意義に過ごして欲しい」

と言われました。
“迎えに行きたい”と将来を話してくれたのに、
私は「距離を取ろう」の言葉がひっかかり、
別れたいの?と泣きながら、
電話で問い詰めました。

しかし電話を切られ、
しばらく連絡はきませんでした。

スポンサードリンク

私は毎日のようにメールと、
留守電を入れ続けるという、
今思うとストーカーな、
事をしていました。

別れをつきつけられる

そしてとうとう彼から、
「別れよう」と。

着信も拒否、メールも拒否され、
彼への連絡手段は、
全て断ち切られました。

毎日泣いて泣いて、
大学もろくにいかず、
(お情けで卒業はできました)
今思うと、せっかくの大学生活を、
自分で台無しに、
してしまったと気づきました。

そして彼との将来も…。

遠距離を振り返って

遠距離恋愛体験談
今は別の人と結ばれた私ですが、
「元彼との遠距離恋愛が成就していたら」と、
思うときがあります。

遠距離恋愛は信頼と、
信用、恋人に依存しない事が、
本当に大切です。

寂しさに負けないこと、
自分に負けないこと。

私は遠距離恋愛は失敗しましたが、
今頑張っている人は、
二人で決めたルールを、
寂しさで破らないようにしてください。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする