【遠距離恋愛】考え方の違いを認め合う事が思いやりへ。

「恋人と同じ思いでいたい」
「恋人が私の気持ちを、
わかってくれない」
【遠距離恋愛】考え方の違いを認め合う事が思いやりへ。
惹かれあった恋人たちが、
そういう思いを抱くのは、
ごく自然なことです。

しかし、その思いを、
いつの間にか相手に押し付けて、
独りよがりになっていませんか?

スポンサードリンク

「恋愛中心」の危険なワナ

逢いたいという気持ち、
恋人への思いが、
自分の生活の全てに…。
そういう人はいませんか。

恋人に逢いたいと伝えても、
どこか温度差を感じる、
仕事のほうが大切?という風に、
考えてしまっていませんか。

恋人同士、
互いを思いあっているのは、
確かです。

しかし、必ずしも、
相手も全く同じように、
思っているとは限りません。
逢いたいという気持ちが自分の生活の全てになっている・

恋愛とその他を割り切るタイプは男性に多い

女性は仕事中でも、
友達と遊んでいても、
家でまったりしていても、
中心に考えるのは、
大好きな彼氏のこと。

しかし男性側は、
そうではない人が、
多いようです。

仕事、恋愛、生活、交友関係…。
全てそれぞれ割り切って、
考えている人が、
とても多いのです。

私(女性)のことを、
考えていない=
愛情がないのでは、
ありません。

恋人のことを考える時でないと、
考えないのです。

スポンサードリンク

ですから、
「私と仕事どっちが大事?」という、
質問は男性にとっては、
答えようがない質問なのです。

お互いを思いやることが大切

遠距離恋愛
それぞれ割り切って考える彼氏を、
彼女は愛情がない、寂しいと、
思うでしょう。

この温度差を理解し、
「私のことを見てくれるときは、
きちんとみてくれる」恋人に、
感謝することで、お互いを、
認め合う事が、
始まるのだと思います。

【遠距離恋愛】考え方の違いを認め合う事が思いやりへ。まとめ

・男女で恋人への考え方が、
大きく違う。
・女性はいつでも、
男性は決まった状況で、
恋人のことを想う。
・男性は生活や交友関係、
恋愛を割り切って、
考える人が多い。
・お互いの温度差を理解することが、
恋愛成就の第一歩。

あくまで傾向であり、
個人個人は異なりますが、
男性の割り切った考えは、
女性には理解しづらいことが、
多いようです。

愛情が少ないのでは、
ありません。

この考え方の違いを、
お互い認め合い、
愛情を伝え、
確かめ合う機会を、
お互い話し合って、
作っていくことが大切
です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする