注意!遠距離恋愛でのラインで言ってはいけない言葉3選!

遠距離恋愛での二人を繋ぐもののひとつに「LINE(ライン)でのやりとり」があります。

注意!遠距離恋愛でのラインで言ってはいけない言葉3選!

毎日言葉を交わすことで、会えなくても思いを伝え続けられます。

しかし、使い方を間違えると、二人の愛に亀裂を作ることもあります。

今回は、恋人のラインで言ってはいけない言葉を3つピックアップしてまとめました。

スポンサードリンク

遠距離恋愛でのラインで言ってはいけない言葉

相手に自分の思いを伝えることは大切です。

しかしネガティブな感情や言葉だけを伝え続けるのは遠距離恋愛に限らず、恋愛にはタブーです。

特に遠距離恋愛は相手になかなか会えない、顔をみて話すことができない分、言葉はより響きます。

ポジティブな言葉も響きますが、ネガティブな言葉も同様に重く伝わることを心にとめておきましょう。

特にNGになるネガティブな言葉を紹介します。

スポンサードリンク

1.頻繁な「さびしい」

恋人はあなたを寂しくさせたくて、仕事や勉強に打ち込んでいるわけではありません。

むしろあなたとの将来を本気で考えているからこそ、仕事に打ち込んでいるんです。

そんな時に連続で「寂しい」発言が沢山ラインできたらどう思いますか?

「自分の気持ちもわかってほしい」「寂しい思いをずっとさせてしまい、自分は恋人失格だ…」と思うかもしれません。

「さびしい」は多くても週1回、できれば月1回程度にとどめましょう。

2.「近くまできちゃった」

注意!遠距離恋愛でのラインで言ってはいけない言葉3選!

驚かせようと思ってサプライズでやる人も多いと思います。

しかし、これは実はやってはいけない事、言ってはいけないことなんです。

相手の都合を完全に無視していることは人によっては地雷ポイントになります。

会う時の準備や気持ちの切り替えなどをしたい人も多いです。

アポなし訪問は恋人同士だけでなく、一般的にマナー違反と思われるのでやめたほうがいいでしょう。

3.「連絡なかったから心配したんだよ」

送る側の心理としては「浮気してないだろうか」というものが感じ取れかねない一文です。

遠距離恋愛ですから、不安になるのはわかります。不安に思う気持ちは、ストレートに伝えましょう。

まとめ

  • 遠距離恋愛はラインの使い方が非常に重要。
  • 文章だけのやりとりはネガティブな感情がより強調されやすい。
  • 寂しさや、浮気を疑うような発言はNG。
  • 相手の立場や都合を考えた行動をとりましょう。

文字だけのやり取りだからこそ、相手の立場に立つことを意識しましょう。

会えないからこそ、見えないからこそ文章のやり取りが非常に大切になります。

相手が目の前にいるつもりで、自分だったらどう思うかを考えると、ラインをうまく活用できるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする