遠距離恋愛で付き合ってすぐ、付き合い始めに注意すること3選!

愛する人と付き合うことになると嬉しくなりますよね。

しかし、遠距離恋愛は相手がみえない、すぐに会えない分、交際開始に浮かれてばかりだと失敗することになるかもしれません。

遠距離恋愛で付き合ってすぐ、付き合い始めに注意すること3選!

今回は遠距離恋愛の付き合ってすぐ、付き合い始めに注意する事3つを紹介します。

スポンサードリンク

相手を疑わない、ネガティブな解釈をしない

遠距離恋愛の最大の敵は「そばにずっといられない」「会えない寂しさ」です。

寂しさから連絡を頻繁にとってしまったり、浮気をしていないか、嘘をついているんじゃないかと疑う心が生まれてしまったりします。

遠距離恋愛は始まったその日から「相手を信じること」と「寂しさ」との戦いの日々です。

恋人から連絡がこなくても「きっと仕事で忙しいんだ」「連絡するのを忘れているんだ」と前向きに解釈し、「浮気」「嘘」といったネガティブな解釈をしないようにしましょう。

とても難しいことですが、これを守り続けることができれば、遠距離恋愛は95パーセント成功したも同然です。

スポンサードリンク

メールやラインの文章を鵜呑みにしすぎない

遠距離恋愛で付き合ってすぐ、付き合い始めに注意すること3選!

恋人とのメールやラインのやり取りの中で、ネガティブな発言やからかいの言葉などをそのまま受け止めるのは危険です。

文章だけのやり取りは抑揚や感情が伝わりにくく、誤解が生まれやすいです。

恋人は軽い気持ちで書いていたのに、真剣に受け止めてしまってけんかになってしまった…ということもあります。

特に付き合い始めのころは、恋人をよく把握しておらず、「冗談」と「本気」の認識にずれがあることも多いです。

付き合いが長くなれば「これは冗談で言ってる」「これはノリで言ってるだけ」とわかってきますが、付き合い始めはそうではありません。

本当に不安になったときや、文章の重み、本気で言っているかわからないときは、そのまま文章で返さず電話などで確認するほうが良いでしょう。

相手に依存し過ぎない

恋愛が始まると「恋人しか見えない」「恋人のことを常に考えている」といういわゆる恋愛しかみえていない状態になる人が多いです。

特に付き合い始めはそうなる人が多いでしょう。

しかし、相手も自分も全く違う場所で違う仕事、違う毎日を送っています。

そんな中で「もっと構って欲しい」「もっと私だけをみて欲しい」といい続けると、恋人はあなたに重さを感じてしまい、遠距離恋愛を諦めるかもしれません。

あまり恋人に求め過ぎず、恋人が送っている毎日や日常に影響がでないように心を配りましょう。

遠距離恋愛で付き合ってすぐ、付き合い始めに注意すること3選!まとめ

  • 付き合ってすぐは浮かれてしまいがちですが、遠距離恋愛は相手が見えない分難しい恋愛です。
  • 不安や不満を出しすぎたり、恋人に依存し過ぎると破局になってしまうことも。
  • 相手の生活を思いやり、自分の生活もしっかり送ることで良好な遠距離恋愛関係を続けることが出来るでしょう。

遠距離恋愛で相手を信じること、ネガティブな想像をしないこと、相手に頼り過ぎないことというのはどれもとても難しいです。

相手が見えない、すぐに会えない毎日はとてもつらい日々です。

相手の考え方や生活を尊重する姿勢で続けると上手くいくでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする