国際結婚の苗字変更のメリットとデメリット

結婚すると苗字がかわりますよね。
これは日本だけでなく、多くの国々でなされている制度です(国によっては若干異なります)。

国際結婚の苗字変更のメリットとデメリット

しかし、国際結婚となると簡単ではありません。

国によって色々な利点や問題点がでてきます。

今回は国際結婚の苗字変更のメリットとデメリットを紹介します。

スポンサードリンク

国際結婚の苗字変更のメリットとデメリット

日本で国際結婚の話をする場合は、お相手が外国人ということになります。

外国人には日本の戸籍や住民票は作成されないため、日本人は結婚後も戸籍上の名前は変わりません。

そのため、夫婦別姓になります。

外国人の配偶者が日本の姓に変更する場合は、外国人配偶者の本国の法律に基づくことになります。

その他、苗字変更においての注意点は以下のとおりです。

・子供の名前の問題。
・戸籍の姓がカタカナ表記に。
・離婚したら手続きが必要。

それぞれ説明します。

スポンサードリンク

子供の名前の問題

日本において、子供の名前は日本人の親の戸籍の姓を子供の姓として認めています。

海外で生まれて外国の姓で登録した場合、日本では日本の親の姓と子供の姓が異なることになります。

日本に移住したり、日本の公式制度を利用する場合はちょっと面倒なことになります。

戸籍の姓がカタカナ表記に。

国際結婚の苗字変更のメリットとデメリット

姓は英語ではなくカタカナ表記になります。

配偶者が韓国や台湾の場合は名字が漢字の場合は漢字登録が可能です。

離婚したら手続きが必要

戸籍の名前を外国姓に変更してしまった後、離婚した場合、離婚後3ヶ月以内に役場へ届け出をすることにより、家庭裁判所の許可を得ずに結婚前の姓に戻すことができます。

3ヶ月以上経った場合は、家庭裁判所に「氏の変更許可の申し立て」をし、裁判所の許可を得る必要があります。

国際結婚の苗字変更のメリットとデメリットまとめ

  • 国際結婚の苗字変更には色々な決まりがあります。
  • 日本人は日本では戸籍の変更はありません。
  • 外国人の配偶者が日本の姓になる場合は、その外国の法律に基づくことになります。

国際結婚における苗字の変更はややこしい面があります。

仕事の面で苗字を変更したくない、苗字の変更が条件で結婚ができるなどいろいろな事情もあるので、結婚を視野に入れ始めたら必ずパートナーと話をしておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする