【遠距離恋愛】復縁方法&恋人の心を取り戻す方法と冷却期間まとめ

遠距離恋愛は、実際に会う機会と思いを伝える手段が限られ、それが元ですれ違ってしまうことが多いです。
【遠距離恋愛】復縁方法&恋人の心を取り戻す方法と冷却期間まとめ
二人で納得した別れ、寂しさに耐えられず、告げてしまった別れなどの中でまた復縁したいと望む人も多いのではないでしょうか。

「もう一度やり直したい」「感情的になって別れを告げてしまった」そういう後悔からやり直すことは可能です。

今回は遠距離恋愛での復縁方法、そして冷却期間の大切さをまとめました。

遠距離恋愛での復縁方法と準備

復縁は非常に精神的にも労力がかかり、時間がかかります。

交際時、別れた時に恋人が抱いたあなたへのマイナスイメージをプラスイメージに持っていけるくらい変わらなければいけません。

それでも復縁できるかどうかは保障できません。

復縁とは根気と精神力、時間が非常にかかるものだと心得ましょう。

復縁するためのポイントは以下のとおりです。

  • 連絡先は残しておくこと
  • 新しい自分、進んだ自分を見せること。
  • 連絡をする際の注意点
  • 復縁の打診は会ったとき。

連絡先は残しておくこと

別れたとき、けじめをつける意味やそのときの衝動で、元恋人の連絡先をすべて削除する人が沢山います。

できれば連絡先は残しておきましょう。

共通のSNSなどで薄く繋がっていると良いです。

しかし、やみくもに連絡したり、復縁をすぐに望んではいけません。

別れ直後の連絡や復縁要請はまだ別れたときの気分が残っている相手にとっては煩わしさの元です。

相手に連絡そのものを拒否される可能性が大きいでしょう。

復縁の機会は必ずやってきます。

あせらずそのときを待ちましょう。

新しい自分、進んだ自分を見せること。

遠距離恋愛 復縁方法
別れた相手は、現在の元恋人に足りないものや不満に思っていることが、少なからずあります。

最初の交際開始より、復縁のほうが何倍も難しいことを念頭におきましょう。

別れのイメージから、復縁という前向きな決断をさせるためには、変化した新しい「あなた」を見せる必要があります。

趣味に打ち込んだり資格を取ったり、友人と楽しく過ごしたり、前向きに打ち込む期間が必要です。

スポンサードリンク

連絡をする際の注意点

遠距離恋愛 復縁方法
復縁するときの最初の連絡は、日常会話や声かけなど、さりげないものが良いでしょう。

いきなり「寄りを戻したい」という流れは、当然ながら警戒されてしまいます。

まずは世間話や共通の話題、近況を話しつつ、連絡頻度を月1→隔週1回→週1回という風に少しずつ増やしていきましょう。

そして、未練がましい態度をとったり、別れ前の話をしてはいけません。

恋人に見せるのは今のあなたです。

復縁の打診は会った時

メールやLINE、通話での復縁の打診より、実際に会ったときに復縁を申し込むほうが成功率が高いという統計が出ています。

そのため、復縁の申し込みは会ったときが良いでしょう。

連絡頻度を少しずつ増やしながら、会う約束をどこかで打診して、最初に会った時、もしくは2回目会った時に復縁を打診するのが良いタイミングです。

復縁を成功させる4つのポイント

復縁の成功の可能性
まずはじめに、復縁は、最初に付き合うよりずっと難しいということを知っておかなければいけません。

別れるということは、相手の嫌な面、好きになれない面があったということです。

そのマイナス面を克服した上で、もう一度ほれなおさせ、復縁させるわけですから、最初の告白から交際開始よりずっと難易度が高いのです。

それらをしっかり踏まえたうえで、復縁を成功させるポイントをみていきましょう。

  • 別れた原因を繰り返さない。
  • 冷却期間をうまく利用する
  • 復縁までのリミットを決める
  • 自分磨きに力をいれる

順番に解説していきます。

1:別れた原因を繰り返さない。

【遠距離恋愛】復縁の成功の可能性を上げる4つのポイント。
なぜ別れることになったのかその原因をしっかり把握しなければ復縁はうまくいきません。

連絡の頻度が少なくて寂しかった、愚痴を沢山言ってしまった、結婚を急かしてしまった、束縛してしまった、など、別れ話に繋がった原因があるはずです。

これらの原因を把握し、次は同じことをしないことを言葉だけでなく、行動で示していかなければいけません。

2:冷却期間をうまく利用する

別れた直後に「やっぱり別れたくない」「あなたしかいない」と感情のままに相手に復縁を願い出るのは得策ではありません。

相手も別れた現実に折り合いを付ける時間が必要です。

別れたばかりで感情が高ぶっている中、再度復縁を申し込まれても「お前の別れ話はそんなに軽いものだったのか」と思われる可能性もでてきます。

冷却期間は人によって違いますが、大体三ヶ月といわれています。

冷却期間をうまく使い、相手の心の整理の時間を与えつつ、自分自身の反省点と次にすべきことをしっかり確認し、対策を練る時間を作りましょう。

冷却期間については、こちらも参考にしてみてください。
check■【遠距離恋愛】復縁方法&恋人の心を取り戻す方法と冷却期間まとめ

3:復縁までのリミットを決める

復縁を達成する具体的な期間を決めておきましょう。

その期間内に絶対復縁するぞ!という、強い気持ちで努力を続けてみましょう。

逆に、その期間が過ぎたらどうするかも決めておかなくてはなりません。

だらだらと復縁を迫ることは、相手にさらに嫌われ、ストーカーと思われる可能性も高まります。

「期間が過ぎたらきっぱり諦める」くらいの強い覚悟で望むほうが良い結果が出やすいでしょう。

4:自分磨きに力をいれる

復縁の成功の可能性
最初の交際と違い、復縁は、相手に自分を知られている分成功するハードルがあがっています。

メイクや口調、身だしなみ、雰囲気など別れる前とは違う自分が強調できるように、頑張ってみましょう。

また、外見だけでなく、彼に注意されてきた態度や発言を振り返り、意識的に直すよう心がけましょう。

自分磨きに力を入れていたことで、元恋人が変わったことを見直し、復縁を意識せずとも復縁に至ったケースが多くあります。

復縁前の冷却期間について

冷却期間は人やカップルによって違います。

別れの数週間後で終わったり、数ヵ月後だったりするかもしれません。

共通の話題にしていたスポーツに変化があったり、恋人の会社に朗報があったりなど、冷却期間の終わりはそういったタイミングにあったりします。

復縁方法&恋人の心を取り戻す方法と冷却期間まとめ

  • 自分磨きで変わった「今の自分」をみせること
  • 別れてすぐ復縁は失敗しやすいです。
  • 別れた原因や状況を冷静に分析することをしましょう。
  • 連絡は少しずつ、世間話からしましょう。

遠距離恋愛の復縁は実は意外に成功することが多いです。

共通の話題で、薄く繋がりつつ、何かのついでで「久しぶりにあわない?」という流れにもって行くのがセオリーです。

どうしても迷った時は恋愛の専門家に相談するのも良いでしょう。


コメント