遠距離恋愛から結婚までいけたカップルの秘訣5ヶ条!

遠距離恋愛を経て、恋愛成就し、結婚できた、カップルの秘訣を紹介します。
遠距離恋愛から結婚までいけたカップルの秘訣5ヶ条!
共通して言えることは、「相手をおもいやること」ですね。

スポンサードリンク

遠距離恋愛から結婚までいけたカップルの秘訣

遠距離恋愛から結婚までいけたカップルの秘訣は主にこれらです。

  • 毎日連絡を欠かさなかった
  • 勉強や仕事を頑張った(自分磨き)
  • 結婚や将来への話題は極力控えた
  • 遠距離の不満や愚痴を控えた
  • 極力、彼の遊びを容認した

どれも1日やそこらでできるものではなく、コツコツ続ける必要があるものです。

詳細を解説していきます。

スポンサードリンク

1:毎日連絡を欠かさなかった

「おはよう」「おやすみ」といった、ちょっとした挨拶や数分程度の電話やメールのやり取りを欠かさず、コミュニケーションをとり続けたこと。

これは、ちょっとしたことのようですが、遠距離恋愛を続ける上で非常に大切なことです。

お互いの恋愛モチベーションの維持に繋がったという声が多かったです。

話題がなくても一言交わすことが、非常に大きなものになります。

毎日連絡をとりあってないという遠距離カップルは、朝と夜の挨拶だけでも毎日やってみませんか?

一日の中で数分でも恋人を感じる時間があるのはとても重要です。

2:勉強や仕事を頑張った(自分磨き)

結婚=彼に養ってもらうという受身ではなく、女性自身も勉強や仕事に打ち込み、経済的な自立に努力することが男性にとっても好印象のようです。

結婚後、収入に繋がるような資格をとっておいたりするのも今は良いでしょう。

自分磨きは、自分のためにも、将来の選択肢を増やす上でも非常に大切です。

3:結婚や将来への話題は極力控えた

あまり結婚や将来への話題を取り入れると、男性にとっては重荷になります。

「友達が結婚した」というのも、意外とプレッシャーになりがちです。

本当に必要なとき以外は話題にしないようにしましょう。

時期がくれば、両親への挨拶や、結婚の話は周囲から自然にでてきます。

女性は特にあせってしまいがちですが、結婚や将来の話題は多くても月1回くらいに留めましょう。

あまり頻度が多いと、男性は萎えてしまったり、消極的になってしまいます。

4:遠距離の不満や愚痴を控えた

遠距離恋愛は寂しいもの。その寂しさは相手も同じです。

連絡するたび、会うたびに、不満を口にしていては、愛情が磨り減ってしまいます。

不満は我慢する時、伝える時をしっかり使い分けましょう。

毎回愚痴を言うのは好ましくありません。

5:極力、彼の遊びを容認した

地元の友達と遊んだり、飲み会に行ったなどを、極力容認することです。

とても難しいことですが、これを束縛すると、遊び足りず婚期が遅れたり、一緒にいることを、窮屈に感じるようになるかもしれません。

「結婚したらずっと一緒にいられる」と、前向きに考え、独身を謳歌させるのがポイント。

ただし、浮気は絶対NG!ときちんと伝えておきましょう。

遠距離恋愛から結婚までいけたカップルの秘訣5ヶ条!まとめ

  • 一言でも毎日連絡を欠かさない
  • 自分磨きを頑張る。
  • 結婚の話題は極力避ける
  • 遠距離の不満を控える。
  • 彼の独身生活を謳歌させる。(束縛しすぎない)

正直、どれも遠距離恋愛をする上で、難しいことです。

しかし、とても大切なこと。

将来をあせらず、一日一日のコミュニケーションと思いやりを大切に。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする