【遠距離恋愛】考え方の違いを認め合う事と思いやりの大切さ。

「恋人と同じ思いでいたい」「恋人が私の気持ちをわかってくれない」こういった希望と不安はカップルなら誰しも持つものです。
【遠距離恋愛】考え方の違いを認め合う事が思いやりへ。
惹かれあった恋人たちが、そういう思いを抱くのはごく自然なことです。

しかし、その思いをいつの間にか相手に押し付けて、独りよがりになっていませんか?

恋愛を続けるために大切なこと、お互いを思いやることについて考えて見ましょう。

女性は「恋愛中心」になりがち。

逢いたいという気持ちが自分の生活の全てになっている・
逢いたいという気持ち、恋人への思いが自分の生活の全てに…。

そういう人はいませんか。

恋人に逢いたいと伝えても、どこか温度差を感じる、仕事のほうが大切?という風に考えてしまっていませんか。

恋人同士、互いを思いあっているのは確かです。

しかし、恋愛中心の生活は、実生活に隙間を生じさせ、肝心の恋愛も中途半端になってしまいがちです。

恋愛とその他を割り切るタイプは男性に多い

女性は仕事中でも、友達と遊んでいても、家でまったりしていても中心に考えるのは、大好きな彼氏のことばかりという人が多いです。

しかし男性側は、そうではない人が多いようです。

仕事、恋愛、生活、交友関係…。全てそれぞれ割り切って考えている人がとても多いのです。

私(女性)のことを考えていない=愛情がないのではありません。

恋人のことを考える時でないと、考えないのです。

ですから、「私と仕事どっちが大事?」という質問は男性にとっては、答えようがない質問なのです。

「私と仕事どっちが大事?」この質問は男性によっては冷めさせる言葉になるので極力いわないようにしましょう。

お互いを思いやることが大切

遠距離恋愛
それぞれ割り切って考える彼氏を彼女は愛情がない、寂しいと、思うでしょう。

この温度差を理解し「私のことを見てくれるときはきちんとみてくれる」恋人に感謝することで、お互いを認め合う事が始まるのだと思います。

遠距離恋愛に限らず、恋愛は一人ではできません。

相手のことを思いやって行動する、発言することが二人が成就する最短の道です。

【遠距離恋愛】考え方の違いを認め合う事が思いやりへ。まとめ

  • 男女で恋人への考え方が大きく違います。
  • 女性はいつでも、男性は決まった状況で恋人のことを想う傾向にあります。
  • 男性は生活や交友関係、恋愛を割り切って考える人が多いです。
  • お互いの温度差を理解することが恋愛成就の第一歩です。

あくまで傾向であり、個人個人は異なりますが男性の恋愛に対する割り切った考えは、女性には理解しづらいことが多いようです。

愛情が少ないのではありません。

この考え方の違いをお互い認め合い、愛情を伝え、確かめ合う機会をお互い話し合って作っていくことが大切です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする