【遠距離恋愛】LINEの既読は無視!返事が来ない、頻度を気にするのは逆効果!

遠距離恋愛での連絡ツールのひとつ「LINE(ライン)」。
遠距離恋愛
毎日連絡を取り合うのは遠距離恋愛長続きの秘訣ですが、LINEの連絡に依存しすぎるとかえって逆効果です。

今回はLINEとの上手な付き合い方についてお話します。

LINEの“既読”の落とし穴

LINEの機能に相手がメッセージを読んだかどうかがわかる「既読」という機能があります。
遠距離恋愛
これにより、自分のメッセージを恋人が読んだかどうかがわかるのです。

返事が来ないと、「なんで返事がこないんだろう」「浮気してたらどうしよう…」などとマイナスの感情が生まれるきっかけになる場合が遠距離恋愛には多いです。

これにより疑わなくても良いところで疑いが生じ、二人の関係に亀裂が入ることも珍しくありません。

既読がついて返事がこないことで、一日のテンションが下がってしまったりするような人はLINEに依存しすぎている危険性大です。

LINEをうまく使うコツ

LINEは上手く使えば遠距離でも費用をほとんどかけずに連絡できる便利なアプリです。

しかし返事や既読に振り回されると、遠距離恋愛は破綻してしまいます。

うまく付き合っていきましょう。

既読は無視!

まず大切なのは既読を無視すること、気にしすぎないこと。

既読になっても必ず返事が来るとは限りません。

特に男性側は、用件が無い限り返事を返すことがないことが多いです。

また、あとで返事しようとして、そのまま忘れることも良くあります。

これは愛情が無いなどではなく本当に忘れてしまうのです。

「返事があればラッキー」くらいの気持ちでメッセージを送りましょう。

返事を強要するようなメッセージは相手に重荷をかけるだけです。

スポンサードリンク

LNEしない日を作る

【遠距離恋愛】LINEの既読は無視!返事が来ない、頻度を気にするのは逆効果!
LINEは気軽に連絡を取り合うことができる反面、毎日連絡することが普通になりがち。

そんな中で・1回の連絡が適当になってケンカ。・短文過ぎてケンカ。と、揉め事の種にもなりやすいのです。

恋人と毎日連絡を取るのにこだわるあまり、それが相手の負担になっていませんか?

折角のお互いの連絡ツールがケンカの種になっては遠距離恋愛を楽しめません。

こういうときは「LINEをしない日」を作って気持ちをリセットさせるのも良い方法です。

【遠距離恋愛】LINEの既読は無視!返事が来ない、頻度を気にするのは逆効果!まとめ

  • LINEに依存しすぎは逆効果で遠距離恋愛が破綻する恐れがあります。
  • LINEの既読は無視し、返事がきたらラッキーくらいの気持ちで待ちましょう。
  • 相手に返事を強要するようなメッセージはNGです。
  • LINEをしない日を作ってみましょう。

毎日の連絡が当たり前になったり、LINEの既読がとても気になったりする人は知らず知らずのうちに、実生活に支障をきたしていきます。

遠距離恋愛も実生活も充実させるために、LINEに依存しすぎない生活をすることが、大切であり自分磨きの近道でもあるのです。



コメント