【遠距離恋愛】喧嘩ばかりのカップル必見!ケンカの原因3選!

遠距離恋愛でケンカが多いカップルは、実はかなり多いといわれています。
遠距離恋愛
些細なことでも衝突を繰り返していると、お互いの気持ちが冷めてしまって最悪破局という結果も。

会って誤解や説明ができない分、仲直りするきっかけが少ないのも原因のひとつです。

今回は、遠距離恋愛におけるケンカの原因3つをまとめました。

スポンサードリンク

[milliard]

1:会えない寂しさ

遠距離恋愛は会えない辛さ、寂しさとの戦いです。

二人の思いがあれば大丈夫、寂しさを乗り越えられると思っていても、いざ遠距離恋愛がはじまるとその現実に本当に辛くなります。

会いたいときに会えない。

メールも電話でも連絡がつかない…。

友達は毎日のように恋人とデート…。

「私だけなんでこんなに我慢しないといけないの?」「浮気されたらどうしよう?」と寂しさから悪い想像ばかり膨らんで、恋人に対して疑心暗鬼になってしまうということは、圧倒的に女性が多いです。

遠距離恋愛経験者の9割以上は、持った気持ちといえます。

寂しいのはあなただけではありません。遠い空の向こうにいる、あなたの恋人も、きっと寂しいのです。

あえない寂しさ、辛さを紛らわす方法を見つけておく必要があります。

詳細はこちらもどうぞ。
参考■遠距離恋愛の一人の時間は自分磨きで大成功♪体験談まとめ。

2:連絡頻度

【遠距離恋愛】喧嘩ばかりのカップル必見!ケンカの原因3選!
連絡頻度は多いにこしたことありませんが、少なすぎても実生活に支障が出る可能性があり、多すぎてもちょっと減っただけで、相手に無用な心配をさせてしまう。

連絡は緊急時以外は、朝や寝る前の挨拶メールを欠かさないといった、
軽めの連絡を頻繁に行うのがおすすめです。

「おはよう」「おやすみ」程度なら、生活に支障はでませんし、頻繁に行うことで、お互いの寂しさを埋めることができます。

スポンサードリンク

電話といったお互いのリアル時間を使うものは月の回数と時間をきめて、お互いの生活を尊重しあえるように話し合いましょう。

3:浮気への不安

「浮気」これを心配しない、遠距離カップルは皆無といっても良いでしょう。

これは相手を信じ続けるしか不安を解消する方法はありません。

簡単にできることではありません。

いくら愛している恋人とはいえ、今何しているか、どこにいるか、わからないというのは本当に不安をかきたてられる要素になります。

でもこれに負けてはいけません。

乗り越えたときに、二人の絆は本当に固いものになります!
遠距離恋愛

ケンカを減らすために「まず深呼吸」

ケンカを減らすためには「相手の行動、発言を好意的に解釈する」「言いたいことを言う前に10分時間をおく」ことです。

連絡がこないことを「浮気かも?」「無視してる!」と思うのではなく「忙しいのかも」「充電切れているかも」「気づいていないかも」というように、好意的に解釈しましょう。

マイナスイメージを伴った解釈はケンカの元です。

また、言いたいことや文句を言う前に、10分時間をおいて深呼吸してみましょう。

その言葉は本当に言いたいことですか?言う必要がありますか?

感情的にその場限りで言ってしまう言葉ではないですか?

その言葉を恋人がきいたとき、どんな反応をするか想像しましたか?

深呼吸して考えてみてください。

【遠距離恋愛】喧嘩ばかりのカップル必見!ケンカの原因3選!まとめ

  • あえない寂しさ、連悪頻度、浮気の不安。
  • ケンカの原因になりやすい3つは、遠距離恋愛経験者は誰もが通る試練。
  • 寂しさ、辛さは恋人も同じ。乗り越えてより強い絆に。

遠距離恋愛のケンカの原因いかがでしたか?

誰もが不安に思うこと、我慢していることだと思います。

ケンカ理由と原因を二人で見詰め合って、話し合って解決し楽しい遠距離恋愛ライフを送れるようにがんばってください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です