遠距離恋愛を年下彼氏/年下彼女が成功し結婚するためのコツ!

遠距離恋愛において、実は年下の彼氏さん、年下の彼女さんは遠距離恋愛をリードさせ、成功させることができる重要な立場です。
遠距離恋愛を年下彼氏/年下彼女が成功し結婚するためのコツ!
ここでは、年下の彼氏、年下の彼女が遠距離恋愛をリードし成功させるためのコツを紹介します。

自分が年下だという人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

遠距離恋愛を年下彼氏/年下彼女が成功し結婚するためのコツ

遠距離恋愛において年下の恋人は年齢差にもよりますが、片方が「未成年」「社会人ではない」という場合があります。

この時、恋人が社会人であった場合、(社会人である)恋人の立場や状況を、しっかり把握することが遠距離恋愛をスムーズに進める最高の秘訣だったりします。

コツ1.相手が社会人である事を本当に納得する

遠距離恋愛を年下彼氏/年下彼女が成功し結婚するためのコツ!
恋人が社会人である場合、これらのことがほぼ当然のこととして起こります。

  • 時間の自由がきかない。
  • 会社の人との付き合いで一日がつぶれることがある。
  • 仕事に慣れるためや仕事のストレスで恋人との時間を取る心の余裕がない
  • 休みが思うように合わせられない。

これらは社会人では普通のことです。

社会人になると、会社の人との付き合いで帰るのが遅くなったり、責任のある仕事を任されると休みも仕事になったりします。

自由に休みをとれないことも珍しくありません。

むしろ、休みをちょこちょことるような社員は重要な仕事を任されなくなったり、昇進の機会を失ったりする可能性が高くなります。

そんな中で遠距離恋愛だと、連絡が少なくなったり、急な仕事の付き合いが入ると「浮気ではないか」「連絡が少なくなった」という不満に変わることがあります。

浮気を疑ったりせず、社会人としてごく当たり前のことであることをしっかり把握し、納得することが大切です。

納得できれば、「浮気では?」と疑いの心を持たず、「いつもおつかれさま」「仕事大変だね」といったいたわりの言葉が出るようになるでしょう。

距離が離れ、相手が見えないからこそ実は一番難しく、大切なのです。

スポンサードリンク

コツ2.連絡はこまめに短く、返事を期待しない。

遠距離恋愛を年下彼氏/年下彼女が成功し結婚するためのコツ!
昨今では、メールや各SNSツールで、連絡がとれる時代になりました。

こまめに連絡をとることができます。

だからといって、返事を期待するような連絡を長々とやると返信の負担をかけてしまいます。

「連絡はこまめに短くする、返事を期待しない」「疑うような内容を書かない」「体調などを気遣う一言を添える」のがポイントです。

「実行する」事は簡単でも「実行し続ける」ことではありません。

続けていく事が、遠距離恋愛をリードする上で非常に大切です。

遠距離恋愛を年下彼氏/年下彼女が成功し結婚するためのコツ!

  • 遠距離恋愛は実は年下がリードする。
  • 社会人の付き合い、仕事というものを理解する。
  • 連絡はこまめに短く。返事を求めるのはNG。
  • ねぎらいの言葉と寛大な心を。

遠距離恋愛の恋人に求めるものは、「いたわりの言葉」「癒し」だと多くの遠距離恋愛成功者は口にしています。

見えない不安と戦う遠距離恋愛で、気遣い、信じることは本当に難しいです。

それらを乗り越えてこそ二人の絆は深まり、遠距離恋愛は成就します。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする