大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守る3つのルール

遠距離恋愛において、お互いの価値観や立場の差は、距離以上に大きな問題になります。

大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守る3つのルール

実は休みをとる、逢いに行くといった行動ひとつでもすれ違いが生じやすく、破局しやすいのが、学生と社会人カップルなのです。

今回は、大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守るべき3つのルールについて解説します。

スポンサーリンク

大学生と社会人カップルは破局しやすい!

大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守る3つのルール

大学生と社会人のカップルは、遠距離、近距離を問わず破局しやすいカップルといわれています。

特にお互い大学生同士だったカップルで、片方が社会人になると、価値観、時間の制限などにずれが生じてしまうようになります。

特に会社に入ったばかりの頃は仕事を覚えることや新しい人間関係の構築に必死になり、心身ともに疲れてしまいがちになるでしょう。

そういった中で、学生時代と同じような時間と手間を恋愛にかけることは難しくなるのです。

学生側からしたら、そういったことは理解しづらく「連絡をしてくれなくなった」「新しい職場で浮気してるかも?」と衝突する原因となってしまうのです。

休みをとることも、学生時代は比較的難しくありませんでしたが、社会人になると、仕事や取引先、手がけているプロジェクトなど、立場上休みがとりにくいことも多々あります。

こういった背景から、価値観と連絡頻度のズレが生じ、破局へと繋がってしまうのです。

スポンサーリンク

大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守るべき3つのルール

大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守る3つのルール
大学生と社会人の遠距離恋愛を上手く進めるには3つのポイントがあります。

  • 連絡をマメにする。
  • 交互に逢うようにする。
  • それぞれの生活に干渉しすぎない。
これらのポイントを意識して守るようにするだけでも、衝突の頻度は格段に減ります。

詳細を説明していきます。

連絡をマメにする。

遠距離恋愛は恋人に会う機会が限られ、恋人が今何をしているのか、どうしているのかがとても不安になってしまいます。

連絡しても返事が来ないと、「浮気しているのでは」「急病なのでは」と、ついマイナスの方向に想像が膨らんでしまいます。

やっと連絡がとれたとき、それらの不安が爆発して、嬉しいはずなのに、愚痴を言ってしまったりすることも珍しくありません。

こういったことを防ぐにはやはりこまめな連絡を入れるということです。

LINEやスカイプ、ディスコードなど、連絡をすることができるツールを使って、相手を不安な気持ちにさせないように心がけましょう。

交互に逢うようにする。

「どちらが会いに行くのか」という問題は意外とけんかの元になりがちです。片方に会いに行く頻度が偏ると不満がたまりやすいです。

交代に逢いに行ったり来たりするように心がけましょう。

お金の負担がどちらかに偏ることは、別れ話に直結するケンカになりやすいので気をつけましょう。
特に負担をかけられてるのが女性側だと、不満の爆発=別れ話になることが多いです。

それぞれの生活に干渉しすぎない。

会う機会が限られている分、お互いが今どうしているか気になりますが、頻繁すぎる連絡はかえって実生活に影響を及ぼします。

生活に干渉し過ぎないよう、ほどよい距離感を設けておくことが大切です。

コメント