遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。

遠距離恋愛をしている恋人からの連絡が減った、line(ライン)を送っても既読無視…ということで悩んでいませんか?
遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
「もしかしたら別れようとしてる?」「私以外に好きな人ができたんじゃ?…」と不安になってしまったら、連絡が少なくなるであろう理由を考えてみてください。

もしかしたら取りこし苦労かもしれません。

今回は、遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由を解説していきます。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。

  • 仕事が忙しい。
  • 付き合って安心している。
  • 特に用事が無いから。
  • 向き合う時間がとれない。
  • 自然消滅を狙っている。

遠距離という、普段会うことが難しい恋愛は、連絡を取り合うのが大切な恋愛です。

急に連絡がこなくなったり、少なくなったりすると不安になりますよね。

しかし、なんらかの理由があるのかもしれません。

考えられる理由をみていきましょう。

スポンサーリンク

仕事が忙しい。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
「仕事が忙しい」というのは、連絡頻度が減ったときによくきかれる言葉ですね。

仕事の合間に連絡することができるでしょ?と思うかもしれませんが、重要な役職だったり、出張が多い任務につくと、「合間に何かしよう」という事も考え付かなくなるくらい忙しくなります。

それが恋人のことでも例外ではありません。

恋人の仕事の状況を理解し、それに応じた連絡頻度に調整することが長続きの秘訣です。

付き合って安心している。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
「あいつは俺に惚れてるから、少しぐらい放置しても大丈夫だろう」「付き合うことができたし、一安心だ」。

要するに、「釣った魚にエサをやらない」という言葉がありますね。

あなたと付き合えて安心し、二人の関係にあぐらをかいている状態です。

連絡頻度を二人で改めて話し合う必要があります。

特に用事が無いから。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
男性にとって、LINEやメールは「連絡手段」のひとつで、コミュニケーションツールとして考えていない人が意外と多いです。

LINEや電話も用事がなければやりません。

付き合う前や付き合い始めは「あなたの気持ちを引き付ける」という「目的」があったので、多用していました。

しかし、付き合いが進み、関係が落ち着いてくると、改めてあなたの気持ちを引き付ける目的がないので、連絡をしないのです。

連絡を用事を伝える手段としてとらえているか、愛情を育む手段として捉えているかの違いですので、しっかり話し合いましょう。

向き合う時間がとれない。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
男性はひとつのことをするのに、「そのひとつのことを行う時間」が必要です。

仕事とプライベートを分けたがる人が男性に多いのもそのせいだといわれています。

「連絡をしたいけど、まとまった時間がとれない」という人はこういった理由だといわれています。

こういう場合は、「夜寝る前に」「仕事から帰ってきたときに」など、連絡をする時間を提案すると良いでしょう。

自然消滅を狙っている。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
連絡頻度が減り、「忙しいから」「しばらく仕事に集中したい」と電話の回数や、会う回数を減らされているのであれば、相手は自然消滅を狙っている可能性があります。

こちらから連絡しない限り、全く連絡がこない、連絡しても返事が来るのに10日以上かかるという場合は、自然消滅を狙っている可能性があります。

何があったのか話し合う場を設け、別れるにしても自然消滅にならないようにしていきましょう。

遠距離恋愛で連絡が少なくなったと感じたら

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。
まずは連絡をとって話し合いをしましょう。

連絡が少なくなっていることをはっきり伝え、何かあったのか、何ができるのかをしっかり話し合ってください。

注意点として、連絡が少なくなったことを責めるような言い方をしないこと、連絡が少なくなって心配していること、もっと同じ時間を共有したいことを伝えることです。

相手の言い分をきくときは、途中反論したくなってもぐっとこらえて、聞き役に徹しましょう。

言い分を聞いた後、感情的にならないよう注意して、冷静に自分の意見を伝えましょう。

自分の意見を押し通そうとするのではなく、相手の意見をきき、「話し合いよりは前進した」くらいの妥協点を見つけることが大切です。

遠距離恋愛で連絡が少なくなった、減った5つの理由。まとめ

  • 遠距離恋愛において、連絡が少なくなったとき、理由を知っておく必要があります。
  • 仕事が忙しい、付き合えて安心している、用事がないから、向き合う時間がとれないといった理由が多いです。
  • それぞれの理由に対して話し合い、解決を図ることが遠距離を続けていくために必要です。

遠距離恋愛で連絡が少なくなることは、関係が途切れてしまう、破局になってしまう可能性が高まります。

連絡頻度を気にしないルールを作っているカップルなら良いのですが、それでも月数回の連絡があったほうが良いでしょう。

このところ連絡が減ってしまった、このままでは自然消滅しそうと思っているカップルはそのままにせずに連絡頻度についてもう一度話し合ってみてください。

連絡頻度で愛情を計るカップルは長続きしません。お互いの負担のない連絡頻度を模索することがお互いの絆を深めるきっかけにもなります。

コメント