遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!

「そろそろ遠距離も長いし結婚を考えたい」「結婚の話をすると会話が続かない」結婚の話がなかなか進まないでやきもきすることがありますよね。
遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!
実は、遠距離恋愛において、距離と会う頻度から、結婚が現実味を帯びないケースはとても多いのです。

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法を解説します。

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる理由

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!

  • 結婚への覚悟ができていない。
  • 生活費を出すことへの抵抗。
  • 束縛されたくない。
スポンサーリンク

結婚への覚悟ができていない。

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!
結婚すると、これまでの独身生活とは一変します。

伴侶の両親や親戚との付き合いが始まり、男性ならお嫁さんを養わなければいけない責任を背負うことになります。

現代では共働き夫婦もかなり増えましたが、子供を作る計画がある場合、働いている奥さんには産休が必要になります。

女性にとっては結婚は「愛する人と結ばれる憧れ」のものです。

しかし、男性にとって結婚とは、一人の人の人生を背負う日が始まることを意味します。

経済的な覚悟、精神的な覚悟ができなくて結婚に踏み込めない人も多いのです。

生活費を出すことへの抵抗。

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!
独身時代は自分で稼いだお金すべてを自分のために使うことができました。

しかし結婚すると稼いだお金の大半が生活費や婚姻維持に使われます。

子供が生まれたら育児、教育、習い事などの出費が増えていきます。

家計を妻が管理するとなると、自分で稼いだにも関わらず、給料をそのまま妻に渡し、自身はその給料からもらえる「お小遣い」でやりくりしなければいけません。

「どうして自分が働いたお金を妻に管理させなければいけないんだ」「自分で自由に使いたい!」という人も実は多いのです。

束縛されたくない。

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!
「恋人はいたらいたでいいですが、束縛されるのはいや。家族として苦楽を共にするなんて考えられません。私の人生、私が好きに生きたい。」という若者が増加していることが問題となっています。

結婚の年齢が遅くなる「晩婚化」、子供は少なくても良い「少子化」が加速していく一因とも言われてます。

結婚=束縛されるものと考えている、結婚に対して前向きになれない人が増えているのは日本の将来を考えると寂しい限りです。

夫婦であってもプライベートをしっかり尊重する関係でありたいですね。

遠距離恋愛で結婚をはぐらかされる時の対処法。確認したいこのポイント!まとめ

  • 男性が結婚をはぐらかす主な理由は「覚悟ができていない」「生活費を自分のために使えない」「束縛されたくない」ことです。
  • 自分の人生を自分自身が楽しむという考えが若い層に広がりつつある。
  • 男性にとって結婚とは責任のある「現実」です。

男性にとって結婚は「一人の人の人生を背負う人生の大きな決断」です。

女性にはピンとこないかもしれませんが、家を買うのと同じくらい(それ以上)のプレッシャー、責任がかかるものです。

同時に、結婚適齢期というものがある女性にとって、結婚が先延ばしになるのは本当に辛いことです。

男性、女性お互いの主張をうまく折り合わせて、結婚への気持ちを確認していきましょう。

コメント