高校生と社会人の遠距離恋愛カップルが成就する3つのルール!

近年、SNSなどを通じて、高校生と社会人が交際し、遠距離恋愛をするというケースが増えています。
高校生と社会人の遠距離恋愛カップルが成就する3つのルール!
高校生と社会人のカップルは年齢差だけでなく、価値観、生活環境も大きな違いがあり、破局しやすいことでも知られています。

今回は、高校生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守るべき3つのルールについて解説します。

高校生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守るべき3つのルール

大学生と社会人の遠距離恋愛カップルが絶対に守る3つのルール

大学生と社会人の遠距離恋愛を上手く進めるには3つのポイントがあります。

  • お互いの環境を理解する。
  • 交互に逢うようにする。
  • それぞれの生活に干渉しすぎない。
これらのポイントを意識して守るようにするだけでも、すれ違う頻度は格段に減ります。

詳細を説明していきます。

スポンサーリンク

お互いの環境を理解する。

高校生には学校はもちろん、部活や受験勉強があります。

社会人は残業があったり、仕事が終わっても飲み会などの付き合いがあったりで、帰宅が遅くなることも珍しくありません。

土曜日や日曜が休みという保障もなく、仕事によっては休日出勤も十分ありえます。

高校生は土曜日や日曜は時間があるのが当然のように思いがちで、土日に連絡がとれないことを不満に思う場合があります。

お互いの生活環境に大きなずれがあること、そしてそのズレを理解することがまず大前提になります。

連絡を欠かさないようにする。

メールや電話をかかさないことも非常に大切です。

会えないつらさ、ひとりの時間で不安になる気持ちは高校生にはかなり大きな試練になります。

その寂しさからLINEをたくさん送り、何度も電話をかけてしまうでしょう。

一方、新社会人の場合、新しい環境・職場・仕事内容を覚えるのに精一杯で、寂しさや会えない不安を抱えることが少ないです。

そのため、寂しさに温度差が生じてしまい、意識にズレがでてきてしまうのです。

お互いの連絡頻度を話し合い、片方が連絡し過ぎない、もしくは連絡しなさすぎないといった偏りが生じないようにしましょう。

それぞれの生活に干渉しすぎない。


会う機会が限られている分、お互いが今どうしているか気になりますが、頻繁すぎる連絡はかえって実生活に影響を及ぼします。

生活に干渉し過ぎないよう、ほどよい距離感を設けておくことが大切です。

LINEは夕食後から寝るまでの1時間、通話は週に1回1時間程度など、一緒に共有する時間を決めておけば、その時間を全力で楽しく過ごそうという気持ちになれます。

ダラダラと連絡が続いたり、干渉しすぎたりすると、会話も無言が生まれたり、連絡に間があったりと、かえって不安な気持ちになってしまうでしょう。

高校生と社会人の遠距離恋愛カップルが成就する3つのルール!まとめ

  • お互いの環境を理解しあうこと。
  • 連絡頻度を話し合い、極端に連絡をしすぎるといったことがないようにしましょう。
  • それぞれの生活をしっかりがんばることは「自分磨き」に繋がります。お互い干渉しすぎないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

高校生と社会人のカップルでは、世代間の価値観や、毎日の生活環境、金銭感覚など大きな違いがあります。

お互いの「これはこうに違いない」という固定の考えをやめて、相手の立場、状況を受け入れるようにしましょう。

コメント