遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。

遠距離恋愛をしているカップルの皆さんの共通の気持ちは「寂しい」です。
遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。
遠距離恋愛を始めて1年過ぎても、私は寂しさに慣れることはありませんでした。

かといって、寂しさを毎回相手に伝えるわけにもいきません。

そこで実は「寂しい」の言葉をもっと前向きに使える言葉があります。

今回は遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選を紹介します。

遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選

遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。

  • 「会いたいね」
  • 「構ってほしいな」
  • 「次会ったら~へ行こう」

寂しいという言葉より、前向きで、相手に「寂しい思いをさせてしまい申し訳ない」という気持ちを抱かせない言葉です。

前向きな言葉を使っていくうちに、自分の心、行動が少しずつ前向きになっていくのを実感していくでしょう。

是非使ってみてください。

スポンサードリンク

「会いたいね」

遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。
「寂しい」と言う代わりに「会いたいね」と伝えましょう。

寂しいという言葉は、ネガティブな印象を残して終わりますが、「会いたいね」という言葉は、いつか会おう、それまでがんばろうという気持ちも伝えることができます。

きっと恋人も「俺も(私も)会いたいね」と言ってくれるでしょう。

会いたいという気持ちはお互い同じと知って、自分も頑張ろうと前向きになることができるでしょう。

「構ってほしいな」

遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。
「今日は忙しい?ちょっと構ってほしいな」「時間あるなら構ってほしいかも」とメールやLINEで言ってみてください。

本当に忙しくなければ「ちょっと通話する?」と言ってくれるかもしれません。

恋人の声をきくだけで、寂しい気持ちがだいぶ薄らぎます。

遠距離恋愛なのだから、と我慢し過ぎず、時には素直に「構ってほしい」と伝えることも必要です。

「次会ったら~へ行こう」

遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。
次に会う予定を立てることで、寂しい気持ちが一時的とはいえ終わる日を感じることができます。

「次恋人に会えたら~へ行ったり、○○したりするんだ」と会う計画を二人でたてる時間は本当に幸せです。

次に会う日程が具体的に決まるだけで、遠距離恋愛の寂しさより、遠距離恋愛の楽しさ、愛おしさを感じることができるはずです。

遠距離恋愛で寂しいと言えない時、代わりに使える言葉3選。まとめ

  • 「寂しい」という言葉はどうしても重く、ネガティブに伝わりがちです。
  • 「また会いたい」「構ってほしい」「次逢ったら~へ行こう」という言葉は未来への期待、ポジティブさが伝わります。
  • 前向きな遠距離カップルは成就する確率も高いです。前向きにいきましょう。

いかがでしたでしょうか。

「寂しい」という言葉も言い換えることでポジティブな意味合いを持たせることが可能です。

そして口にした貴女(貴方)自身もポジティブになっていくのではないでしょうか。

寂しさ、つらさは相手も同じです。

会える日を楽しみにしながら、苦楽を分かち合って毎日を乗り越えていきましょう。

コメント