遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方。この一言で破局に!

遠距離恋愛は連絡がとりにくいこと、会う機会が少ないこと、文章だけのやり取りが多いため気持ちがすれ違うことが多い恋愛です。
遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方。この一言で破局に!
そのため、不満がとてもたまりやすい恋愛ですが、不満のぶつけ方次第では即破局になりかねません。

今回は遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方について解説します。

遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方

遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方。この一言で破局に!

  • 「私だけこんなに我慢してる!」
  • 「なんで連絡くれないの?」
  • 「近くの人を好きになっちゃうかもね」
スポンサードリンク

[milliard]

「私だけこんなに我慢してる!」

遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方。この一言で破局に!
友人や周囲のカップルが近場でいつも会っているのをみると「なんで私だけこんなに辛いの」「もっと楽しい恋愛がしたい」という不満がたまっていきます。

その不満を恋人に爆発させてしまうとそのまま破局してしまうこともあるでしょう。

「なんで連絡くれないの?」

遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方。この一言で破局に!
遠距離恋愛は相手の状況を把握することができず、何かあってもすぐに駆けつけることができないのもあって連絡が途切れるとかなり不安にもなります。

人は不安なことに関してはネガティブになりやすく「事故にでもあったのでは」「もしかして浮気してる?」とマイナス方向に考えをめぐらせてしまうことが多いのではないでしょうか。

そこで「なんで連絡くれないの?」「私のこと好きじゃないんでしょ?」とネガティブな気持ちのまま問いつめると相手は息苦しさを感じてしまいます。

相手にも生活があり、仕事があります。

お互いの都合を思いやれないと遠距離恋愛は続かないでしょう。

「近くの人を好きになっちゃうかもね」

相手の気持ちを確かめたくてちょっと嫉妬させてみようと、こういったことを言う人は少なくありません。

思いを再認識したい気持ちは誰にでもありますが、やりすぎると「軽い人」と思われて信用を失うでしょう。

遠距離恋愛は信用、信頼が大切です。

自分から信頼を崩すような発言をすることは遠距離恋愛を放棄することに等しいでしょう。

遠距離恋愛のやってはいけない不満のぶつけ方。この一言で破局に!まとめ

  • 「私だけ辛い」という不満は相手の辛さを無視するいい方になるのでやめましょう。
  • ネガティブな問い詰めは、相手に息苦しさを与えてしまいます。
  • 相手をわざと嫉妬させたりする発言や行動は信頼関係を壊すことになります。

いかがでしたでしょうか。

普通の恋愛でも不満がおこるのに、遠距離恋愛で不満が出ないわけがありません。

不満をどう消化するか、相手にぶつけたくなるとき、少しでも相手のことを思いやれるかが遠距離恋愛の鍵です。

特に相手を試したり、ネガティブな発言ばかりする人は相手から冷められる可能性がとても高いことを知っておきましょう。

恋愛でも日々の生活でも前向きな人は誰からも愛されます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です