遠距離の不安を伝える2つの方法。前向きになるために必要なこと。

遠距離恋愛は恋人のことが不安で不安で仕方が無いですよね。

遠距離の不安を伝える2つの方法。前向きになるために必要なこと。

少しでも連絡が途切れると浮気をしていないか、体調を崩していないか、事故にあってないか不安になってしまいがちです。

不安な気持ちを上手く伝えられないと、それも不安になり、恋人への不満や不振のきっかけになってしまいます。

今回はあなたが前向きに鳴るために必要な遠距離の不安を伝える3つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

まず何が不安なのかを整理する

遠距離の不安を伝える3つの方法。前向きになるために必要なこと。

まず「何が不安なのか」を整理することです。

ただ漠然と「不安なの!」と恋人に伝えても、相手からしたら、なぜ不安になっているのかが分からないからです。

自分でも何が不安なのかわからないまま相手に伝えたところで、真意を理解してもらえるはずがありません。

なので、何が不安なのかを自分で整理することが大切です。

・「付き合う前より愛情表現が少ない気がする…」

・「連絡頻度が少なくなって不安…」

・「通話しててもそっけない感じがして不安」

不安を自分で整理することで、恋人により的確に不安を伝えることができ、しっかり話し合い、改善するための方法を二人で導き出せるはずです。

スポンサーリンク

前向きに不安を伝える

遠距離の不安を伝える2つの方法。前向きになるために必要なこと。

ただ「不安なの」「もっとかまってほしい」だけ伝えると、恋人に嫌われてしまいそう…と余計不安に思ってしまったり、伝えられないという人も多いと思います。

そういうときは、「前向きに不安を伝える」ことで、相手にネガティブなイメージを抱かせずにすっと不安を伝えることが可能です。

例えば、このような伝え方です。

「あなたが素敵過ぎて、他にあなたのことを気になる人が現れないか不安なの」

「君は病気がちだから、連絡がないと体調を崩したんじゃないかって不安になるんだ」

ちょっと伝え方をかえることで「自分の不安を伝える」ということが簡単に出来ます。

相手の魅力をほめながら、不安を伝えるこの方法はとてもおすすめなので、「不安を伝えたいけど嫌われたら…」と思っている人は、是非試してみてください。

遠距離の不安を伝える2つの方法。前向きになるために必要なこと。まとめ

いかがでしたでしょうか。

ただ漠然と「不安」だと思う、何が不安なのかを整理しないまま、その不安を恋人にぶつけても何も解決しません。

まず不安の理由を整理し、何を不安に思っているのかを「前向きに伝える」ことが大切です。

ネガティブに伝えることは受け取る相手もネガティブになります。

まずはあなたが前向きになることが大切なのです。

遠恋をがんばっているあなたへ
遠距離恋愛.jp

コメント